CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
高級時計♪
0
    皆様お疲れ様です。
    今日は、しょっぱなからお仕事の話しますね♪

    先日、お客さまよりお預かりし、今日納品いたしました高級お時計を紹介いたします。
    (って言っても藤宝石が時計つくったわけではありませんよ。)


    はい。
    こちらは、知る人ぞ、知る時計メーカー
    WALTHAM(ウォルサム)のものです!!!

    私、ここの時計大好きなんですよね♪
    うちの、ミハエル(藤宝石の招きウサギ、あ!会計士だった。。。)に、ここの懐中時計を買ってあげるのが私の夢です。
    確かに、ROLEXも最高ですが、PATEK PHILIPPE(パテックフィリップ)やWALTHAM(ウォルサム)などを見ておりますと、個人的にはこっちの方が好きなんですよね〜♪
    (ROLEXももちろんカッコいいですし、くれると言う方がいらしたら、三回まわってワンって言いますよ!!!一日中ワンワン言ってまわってるかもしれません。)

    そうはいいながら、私の愛用の時計はswatch(スウォッチ)ですが。。。(照)


    お仕事!
    お仕事!

    今回、藤宝石がおつくりしたのは、とめ金具から左右1.25cm箇所の板部分です!


    お母さまが使われていた時計を娘さんが受け継ぐことになり、ちとベルトの部分が短かったため、(娘さんの手首に合わせて)継ぎ足す板をおつくりしました。
    もともとが、かなり小さかったので、お母さまが購入時にカットされていたのではないかと思われます。
    よ〜く見たら、違いが分かりますが、そこまで大差なく仕上げました。
    もともとのベルトはメッシュタイプ、後から継ぎ足した2.5cmはK18の板をメッシュっぽく仕上げております。

    機械のようにはいきませんが、糸のこで筋目を入れていき、できる限り合わせました。


    裏側もこの通り♪


    側面は全く分かりませんよ。
    (写真に見える色の違いは、つないだ箇所ではありませんよ。)

    お客さま、とっても喜んで下さって、そのままつけて帰られました。

    いいなぁ。。。
    私、この時計大好きでした。
    着物にも合いそうですし、とっても感じのいい時計でしたよ。
    40歳になったら、いい時計のひとつでも持とうかしら♪
    でも、その頃になったらジュエリーウォッチのほうが欲しくなるかもなぁ。。。

    でもでも、swatchも好きだしなぁ。。。

    あ!
    時計と言えば、昨日お友達に置き時計もらいました♪
    とってもかわいいんですよ〜〜〜
    文字盤が金魚鉢風になっていて、分針の先に金魚がついてます。
    そして、鉢の上にはにゃんコがのっかってて上から手を伸ばして、動く金魚を狙ってるんです。
    デザイナーがイタリア人らしく、この遊び心がなんとも言えないです。

    かわゆい〜〜〜
    でも、私だったら、金魚分針ではなく、秒針につけたかもなぁ。。。
    そしたら、1分ごとに狙うチャンスありますしね♪
    (でも、相当時間見にくいでしょうね。)

    しまった。
    今日は、お仕事の話だけしようと思ってたのに。。。

    もうすぐ、主人のマリッジリング仕上がりますよ♪

    又近いうちに紹介いたしますね〜〜〜


    今日は、平日でしたがお客さま結構多かったです。
    瞬間お客さま数5名。。。
    主人、でてきてくれないし、一人でマゴマゴしてしまいました。
    (ボスは、韓国ドラマの時間でしたし、わんこ達とテレビ!テレビ!していたのでしょう。。。)



    うわぁ〜〜〜
    タイムアップです。主人が溶けてなくなりそうです。(笑)

    それでは今日はこのへんで!



    | 修理 | 20:35 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
    バックル修理
    0
      皆さまお疲れ様です。
      今日は、珍しいリフォ−ムのお話しようと思います。

      藤宝石は、フルオーダーだけでなく、リペア(修理)、リフォ−ム(作り替え)もいたしております。
      ですから、ちょこちょこ、リングのサイズ直しや、ネックレスの溶接、石ものネックレスのワイヤー替えなどもお預かりするのですが、先日(といってもだいぶ前なのですが。。。照)以前藤宝石でマリッジリングを創らせて下さったお客さまより、バックルの修理ができないかというご相談をお受けしました。
      もちろん、うちはバックルもお創りしておりますし、素材がシルバー、ゴ−ルド、プラチナであれば修理も可能です。
      ただ、物によっては、扱えないものもありますので、事前に見させていただきます。

      この方の場合は、インタ−ネットでシンプルなバックルを購入されたようなのですが、留め金具までシンプル(すぎ)なため、
      金具のところを丈夫にしてほしい。
      というオーダーでした。

      これが元々ついていた金具です。

      左がベルトを通す金具、右が穴に差し込むフックです。(なんて言うんでしょうね。これらのパ−ツ。。。)
      ちょっと、細くて危なげですね。


      ごめんなさい。
      外す前に写真撮ればよかったのですが、いつものことです。
      私が撮影する前に、主人が外しておりました。
      主人ったら。。。手が早いんだから♪

      って、私がとろいのですが。。。(照)


      はい。
      ご依頼どおり、金具を丈夫にいたしました。
      素材はシルバ−ですから、グラム単価も安い分、材料も贅沢に使えます。

      そして、もう一箇所のフックの部分は???


      ジャ〜〜〜ン!
      Oho~~~!!!Eagle!
      写真でお分かりいただけますか???

      フックの部分は、鷲をかたどっています。
      これは実は、サプライズです。(笑)

      ちょろっと、つけてください。
      と言われましたので、遊んでみました。

      あっ!!!
      こちらの方は、お客さまと言ってはおりますが、夫婦で仲良くさせていただいているお友達兼お客さまですので、お間違いのないように♪
      一般にお預かりしたお客さまの品物を勝手にいじったりはいたしませんよ!絶対に!!!
      (当たり前ですよね。笑)



      (この写真は裏ですが)表の面は、何の飾りもないシンプルな鏡面仕上げです。
      表も撮ろうとしたのですが、思いっきり自分のカメラが写り込み、そんな模様に見えてもなぁ。。。と思い、パスしました。

      このベルトの構造、ちょっと変わっていてますよ。
      この帯のようなところにベルトを通して、ベルトとベルトが重なったところをフックで留めるそうです。
      面白いですよね。
      (って、私が知らないだけでしょうか。。。)

      このように、藤宝石、いろいろな修理も扱っております。
      もし、お手持ちのもので、壊れた品がございましたら、ぜひご相談くださいね♪

      でも、基本アクセサリ−ですので、鞄とか傘とか靴は出来ませんよ。
      時々することもありますが。。。(笑)
      そちらの品は、ぜひ専門の修理屋さんに持って行かれた方がベストだと思います。

      それでは、今回はリペアのお話しましたので、次回はリフォ−ムのお話したいと思います。
      それでは又♪



      | 修理 | 14:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      | 1/1PAGES |